レンタルオフィスとは

いろいろなタイプがあるレンタルオフィス

幅広い形でのオフィス利用

一般的な賃貸オフィスというと、物件を借りて、その後でオフィス家具や設備などを入れていきます。

それに対し、あらかじめオフィス家具や機器など仕事をするのに必要な設備が用意されているのがレンタルオフィス、と呼ばれるものです。

レンタルオフィスの設備がどこまで揃っているかは、レンタルオフィスの運営会社によって異なります。レンタルオフィスによっては、オフィス設備だけでなく、受付や秘書、電話応対サービスといった付加サービスもある場合があります。

オフィスを立ち上げたいけれど、初期費用を抑えたいとか、期間限定のオフィスで設備などの準備をできるだけ省略したいといった場合などに、レンタルオフィスのサービスは非常に便利です。

一般的な賃貸オフィスに比べて、レンタルオフィスは臨機応変な幅広いオフィス利用をすることができます。

いろいろなレンタルオフィス

レンタルオフィスのサービスは、一般的な賃貸オフィスと同じような個室のオフィス空間をレンタルできるタイプが多いです。レンタルオフィスであることを知らなければ、一般的なオフィスとほとんど変わらず利用することができます。会議室や受付なども完備されているものも多く、業務形態や予算に応じて選ぶことができます。

また、一般的な賃貸オフィスとは少し異なるレンタルオフィスの形として、シェアオフィスタイプのものもあります。これは、複数の会社でオフィス空間や設備を共有するというものです。一企業がひとつのオフィス空間を使用するよりもコストを安く抑えることができます。

また他社の社員とのコミュニケーションが生まれることから、新たなビジネスの広がりを見つけることもできます。オフィスシェアリングシェアードオフィス、などとも呼ばれるサービスです。

また、より気軽に借りることができるレンタルオフィスのサービスには、時間貸しサービスというものもあります。これは、1日に数時間とか、毎週特定の日に数時間、という具合に短時間だけオフィスを利用するというものです。時間貸しのレンタルオフィスは、業務の都合などでメインのオフィスとは別にワークスペースを確保したいという場合などに利用しやすいです。