エンジン

サブコンの使用

新型ジムニーと呼ばれるJB64型ジムニー。

このジムニーのパワーをさらにアップさせるべく行われる人気のカスタマイズが、エンジン周りをはじめとするパワー系チューニングです。

何はともあれ、とにかくジムニーをパワーアップさせたいという人には、車両の純正メインECUに割り込ませて使用するサブコンを使用してみるのはいかがでしょう。

ジムニーに使用できるサブコンとしては、Rainbow AutoのVSCCレインボーオートオリジナルやTDIチューニングといったサブコンが人気です。

ジムニーのカスタムをする人の中には、あえて大きなタイヤを履かせる人もいますが、大きなタイヤが必要とするパワーを生み出すためには、サブコンは欠かせないカスタムパーツと言えるかもしれません。

大きなタイヤを履かせたら、サブコンの導入も見当したいところです。

 

見えないカスタム

また、見た目としては目立たないチューニングではありますが、エアインクスキットやADVANCE POWER AIR CLEANERといったエンジンルーム内で使用するパーツも、意外と効果を発揮します。

エンジンを効率よく働かせるには、空気を効率的に取り込むことが必要です。

エンジンルームをドレスアップして吸気ロスを減らすことで、目立たないながらも大きなパワーアップ効果を生むことができるのです。

見えない部分のオシャレがジムニーカスタムの醍醐味という人もいます。

見えない部分のオシャレにこだわる人がいるならば、目ではなく耳で感じるおしゃれにこだわる人もいます。

それがブローオフと呼ばれるパーツです。Pal Sportsのブローオフジェットやトラストのブローオフバルブなどを使ってジムニー カスタムを行えば、パワーアップしたエンジンの効果をより強く感じられる迫力のサウンドが楽しめます。

最近はマフラーカスタムの自由度も上がっているので、マフラーの形状を変えれば、サウンドと合わせて見た目のオリジナリティも発揮できます。