レンタルオフィスのデメリット

便利なだけではないレンタルオフィス

レンタルオフィスは意外と高い?

オフィス空間だけでなく、オフィス家具やオフィス機器なども完備されているレンタルオフィス。時間貸しや短期間でのレンタルもできるものも多く、臨機応変でコストを抑えたオフィス利用ができるとして人気です。

しかし、臨機応変に対応できるレンタルオフィスほど、基本プランとは別のオプションサービスで課金する場合があるので注意が必要です。

レンタルオフィスは一般的な賃貸オフィスよりも初期投資が安く済むから…として、よく考えずにオプションサービスなどを利用していくと、余計な課金がかさんでしまう、というのはレンタルオフィス利用でありがちなデメリットです。結局、一般的な賃貸オフィスを借りるのと同じくらいの値段でレンタルオフィスを借りることもあるので注意しましょう。

情報漏洩と運営の変化の危険性

さらに、これはシェアオフィス型のレンタルスペースで多く見られるデメリットですが、レンタルオフィスを利用することにより「情報管理の難しさ」がデメリットとして感じられる場合が多々あります。

複数企業でオフィスをシェアするシェアオフィスタイプのレンタルオフィスは、賃料を安く抑えることができたり、他社と気軽に意見交換ができたりというメリットがあります。

しかし、その一方でオープンすぎるオフィス環境には情報漏洩の危険というデメリットが含まれていることを覚えておきましょう。

また、レンタルオフィスの利用は、時間貸しや期間貸しなどの契約で臨機応変に気軽に利用できるというメリットがありますが、運営側も臨機応変に運営している傾向が強いです。

レンタルオフィスの利用者が少なく、思ったような運営ができない場合には、レンタルオフィスの運営側が廃業を決意するケースも見られます。一般の賃貸オフィスビルでもそのような可能性はありますが、時間貸しなど短期の利用がメインのレンタルオフィスの場合は、運営形態が変化しやすいのです。

レンタルオフィスをメインのオフィスとして長期的に利用する企業というのは少ないと思いますが、レンタルオフィスを利用する場合のデメリットとして、運営会社の運営方針にオフィスの存続を左右される危険性があるという点は頭に入れておきたいところです。